毛穴汚れの原因と、悪化させるNG行動

あなたの毛穴はキレイですか?
自信をもって「キレイです」と言える方は少ないと思います。
では、あなたは毛穴をキレイにしたくはありませんか?
そこで今回は毛穴汚れの原因と悪化させる行動をご紹介したいと思います。

まずは敵を知ろう!

毛穴が汚れるとはどういう事なのでしょうか?
原因は大きく3つです!

①過剰な皮脂

皮脂とは、皮脂腺から分泌される油状の物質です。
皮脂腺は毛穴の中にあります。
実は毛穴汚れが気になる鼻や口周り、眉間やTゾーンは皮脂腺が多い部分です。
皮脂腺が発達していない毛穴は詰まることはあまりありません。
なので皮脂の分泌量が多いと、毛穴に汚れがたまりやすく、毛穴を詰まらせる大きな原因になります。

②角栓

角栓とは、皮脂や古くなった角質が混ざってできています。皮脂や角質が毛穴に詰まることで固まってしまい、角栓となってしまいます。鼻を指でつまんで絞ってみると、白っぽい物体が出てくることがありますよね。それが「角栓」です。
そこに紫外線があたると酸化して毛穴の黒ずみになります。

③古い角質やメイク残り

メイクや日焼け止めをして1日生活すると、肌や毛穴には皮脂や古い角質、汗、ホコリやチリなど色々な汚れが付いています。
洗顔やクレンジングで毎日キチンと汚れを落としていれば問題ないのですが、メイクが残っていると毛穴汚れの原因となってしまいます。

では上記の事をふまえてNG行動を見ていましょう。

NG行動①:皮脂の取りすぎ

皮脂のベタつきが気になって何度もゴシゴシ洗顔したり、あぶらとり紙を使いすぎてはいませんか?これらはどちらも皮脂の取りすぎになってしまうので要注意です。
皮脂自体は皮膚に必要ですから、過剰なケアは皮脂の過剰分泌を招きます。

NG行動②:角栓を手やピンセットで取る

ぶつぶつした角栓。ついつい鼻を指でつまんでみたり、ピンセットで抜き取りたくなる人も多いのではないでしょうか?しかし強引に抜き取ると皮膚に刺激を与えて肌のターンオーバーを乱してしまいます。また刺激を与えることにより色素沈着になったり、炎症をおこしニキビの原因になったりします。

NG行動②:厚化粧・化粧を落とさずに寝る

毛穴を隠そうとして、ファンデーションなどをたっぷり塗ってしまうのはNGです。
毛穴の中に塗り込められた化粧は落ちずらく、たまった汚れは皮脂と混ざって黒ずみを招く原因になります。
また化粧を落とさず寝ると「一晩で3歳も歳をとる」と言われているので絶対に避けましょう。

今回は毛穴汚れの原因とNG行動についてご紹介しました。
一度自身の行動を見返してみてはいかがでしょうか?