メイクで叶える毛穴レス美肌

女性の肌の悩みで1番多いのが「毛穴」。誰もが一度は悩んだことありますよね?
そんな毛穴をメイクでキレイにカバーできたら嬉しくありませんか?
そこで今回は毛穴レスの美肌メイクの作り方をご紹介します。

●はじめに

毛穴はとにかく「薄く」「ムラなく」が大切です。
「たっぷり」「厚塗り」というのは反対に肌のアラを出してしまいます。

毛穴は深くまで穴が開いているわけではありません。
そこに多くのものをつけてしまうと、毛穴だけではなくその周りの肌にも余分な下地やファンデーションが残ってしまい、メイク崩れの原因にも繋がるので注意しましょう。

●ポイント①:スキンケア

毛穴を隠したい!という思いが強ければ強いほど、メイクをする前にお肌のスキンケアをしっかり行いましょう。
毛穴が目立ってしまう原因の多くは「乾燥」です。
乾燥しているお肌にメイクをするとさらに乾いた肌になってしまい、毛穴が目立ってしまう結果になります。
化粧水を使ってしっかりお肌を潤してください。
乳液のつけすぎはメイク崩れの原因につながるので、化粧水はしっかりと・乳液は薄めにして保湿をしっかり行いましょう。

●ポイント②:化粧下地

あなたのベースメイクはどこから始まっていますか?
もしかして、ファンデーションから塗ってはいませんか?
実はベースメイクで毛穴を隠すのに一番重要なのは「化粧下地」です。
化粧下地の役割としては、ファンデーションのノリを良くしたり、皮脂を抑えてテカリやメイク崩れを防止してくれる役割があります。
化粧下地をきちんと使うことで、仕上がりがキレイになりますし、毛穴も目立ちにくくなるのです。

●ポイント③:ファンデーション

毛穴レスの美肌を目指すなら、ファンデーションはリキッドタイプがおすすめです。
ファンデーションには、リキッド・クリーム・パウダーなど様々な種類があります。
中でも水分の多いリキッドファンデは伸びがよくカバー力に優れています。
肌とのフィット感もあるので、毛穴が目立ちにくく、毛穴だけではなくシミやシワもカバーしてくれるのでおすすめです。

ただし、リキッドファンデーションは油性成分がメインなので、肌の負担はほかのファンデーションより多くなります。
デメリットも理解したうえで、毛穴を隠したい勝負の日だけリキッドファンデーションにしてみてはいかかでしょうか?

最後に・・・

今回はメイクで叶える毛穴レス美肌についてご紹介しましたが、いかかでしたか?
毛穴の開きや黒ずみはすぐには消すことはできませんが、隠すことはできます。
しっかりと正しい毛穴レス方法を知り、勝負の日には実践してみてくださいね。